青汁が効果ない?!姉に頼まれてサンプリングに参加の巻

青汁ってどう?

青汁ってどうよ?そう聞かれて、青汁のことあまり知らないことに気が付きました。というのは、これまで青汁を飲んだことがなかったからです。
恥ずかしいのですが、野菜が嫌いです。子供の頃から野菜が嫌いでした。特に、緑色した野菜は『草』にしか思えませんでした。
ですから、どうして食べないといけないのかと思いながら食べたものです。
ですから、青汁には効果がないと思っていました。これまで緑色した野菜を食べることはあまり無くても、ちゃんと生きて来ましたから。
母親にはうるさく言われても食べませんでしたし、学校の給食では事前に残したりしていました。遠足のお弁当に緑色した野菜が入っていたら、絶対に残していました。
あんまり威張って言えることではないんですけどね。

 

そんな私が青汁を飲まなくてはならなくなったのは、同居している姉が青汁のサンプルを持って来て、私が飲んで何やらレポートを書かなくてはならないということに。
そんなの了承してないよ!と言いたかったのですが、うちの姉とにかく怖い、めっちゃ怖い。
その他、父と母にも同じことを強制する姉には唖然としましたが、嫌いな青汁を飲まなくてはならない上に、レポートですか?!
キャベツさえも嫌いなのに、青汁飲むなんて無理だろー。青汁なんて効果ない!!と思ってましたから。

青汁サンプリングのために冊子を渡される

姉に言われてから仕方なく納得した風に装ってきたが、これまで誰に言われようと野菜(特に緑色)から逃げていた私が、青汁?飲めそうもない。
考えると恐怖に襲われて来た。あんまり考えていたら、夢の中でピーマンに襲われた、ウソみたいなホントの話。

 

次の日、姉からちょっとした冊子のようなものを渡された。これから行われる青汁のサンプリングの注意点とこの紙にレポートを書いてというもの。
書くことについては、ある程度決まったひな形があるのでそこまで困らないものの、書くことより飲むことが辛いでしょう。
とは言っても、姉の仕事の手前逃げるわけにも行かないので、夢にまで出てくるくらいストレスになっているのに、青汁を飲まなければならないことはそろそろ諦めるしかないような気がして来た。

 

貰った冊子を見る限りでは、青汁の効果はたくさんあるようだ。便秘を解消して痩せるとか、むくみを取って身体が軽くなるとか、生活習慣病の予防効果があるとか。
ニキビが治るという効果もあるらしい。実は、顔にはニキビがあり、どんな薬を使っても根本的な治療にならずに、皮膚科に行っても治らなかったという苦い経験がある。
顔の肌がきれいでないのは受け入れながらも嫌だと思っていた。

 

青汁おすすめ比較ランキング【青汁、全部飲んでみた!】 

 

 

青汁の効果を無駄にする飲み方

冊子に書いてあった注意事項を読んでみると、青汁の効果を無駄にする飲み方について書いてあった。

 

【青汁は薬ではありません】
青汁は薬ではないということは百も承知だ。だから、1回青汁を飲んだだけで効果ないと諦めないようにということだった。
青汁は薬ではないということは分かっていたが、いったいどんなもの?ということになるが、いわゆる栄養補助食品の部類に入るらしい。
栄養補助食品と言うと、青汁やサプリメント、ゼリー状になった美容効果のあるもの、スムージーを作る粉状のものなどあらゆるものが該当するようだ。

 

【途中で止めない方がいい】
先ほどにも言ったように、青汁は栄養補助食品なので、途中で止めないようにして続けることが理想的です。
そして、もしおいしくないと思った場合は、おいしく感じられるような工夫が大切です。
一般的には、水に溶かして飲むという方法が一般的ですが、それが無理という場合は何らかの対策を練りましょう。
飲みやすくするための対策です。牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに混ぜてから飲むようにしましょう。
牛乳や豆乳が無理なら、ジュースでもいいと思います。
青汁で効果がないと思っている人の多くは、青汁がおいしくないと思っている人がほとんどです。まさにそこがポイントなのです。
あーそうですか、おいしくないでしょう。と思ってしまいました。

青汁の効果がないと諦める前に

「青汁の効果がないと思うのをまずは止めなさい」と姉に言われた。いや、効果というより苦手です、と言いたかったのですが、姉が怖くて言えません。
頷くのに必死だった。
それから、姉が青汁のサンプルをいくつか持ってきた。
箱から出された青汁、粉末になっているものが小さめのジップロック状の袋に入っていて、名前が分からないように商品Aとか商品Bとか書いてある。
そっか、包装されている袋を見ることで、どこの青汁なのかが分かるといけないということでジップロック状の袋に入っているのだろうとなんとなく分かった。
飲まなければならない青汁は、AからEまでの5種類。5種類も飲むのかと思うと気分はやや凹んだが、既に青汁の粉末は目の前にある。
青汁に効果がないと思っていたが、これからこの5種類を飲んで、飲んだ味や舌触り、におい、後味、効果などを文章にしてまとめなければならない。
そして、「後でAからEまでの青汁の種類は教えてあげるから、気に入ったものがあったら買ってげるよ!」と姉は言ってた。
「いらないんですけど」と言いたかったが、姉が怖くて言えなかったというのがホントのところ。
ということで、やりたくない青汁のサンプリングが始まった。後半では、青汁についてまとめてみたので紹介しよう。

青汁に即効性を求めすぎていませんか?

後半では、5種類の青汁のサンプリングを実施したときの感想を紹介しようと思うが、その前にこれだけはということがいくつかあるので説明したい。
それは、青汁というものが、即効性を求めて飲むべきものではないということだ。
姉にも言われたが、青汁が効果ないと言っている人に聞くと、どうやら1〜2回だけ飲んでもう止めた!と投げ出す人が多いことが分かったと。
なるほど〜と思いながらも、そりゃおいしくなかったんでしょ?と言いたいのをぐっとこらえた。
しかし、姉の言いたいことも分かる。
おいしさだけを求めて飲むのであれば、別に青汁を飲む必要はないように思われる。
青汁を飲むということに求めていることは、健康と美容に関する効果あってからこそであり、それにプラスして、飲みやすさとかできたらおいしさというものが加わるのだと思う。
単においしいだけで何かを飲むのだとすれば、青汁でなくともたくさんの飲料があるはずだから。
・・・と考えると、やはり1〜2回で効果がない!と投げ出すのはいかがなものかと思ってしまう。
ここはサンプリングを通して、いろいろな種類の青汁を知る機会だと思って取り組んでみよう!きっと、嫌々やってたら姉に怒られるのは目に見えているから。

 

 

青汁おすすめ比較ランキング【青汁、全部飲んでみた!】